食事の楽しみを加速させる様々なサービスを活用してみよう

自宅に届けてくれる宅配サービスを活用

通販で良い物を購入

梅干しのこれまでの歴史

梅干しは古くから日本で食べられていた伝統的な食べ物です。平安時代の医学書には梅干しの効用がとりあげられており、薬として珍重されていました。 鎌倉時代になると、武家社会になり人々をもてなす時に縁起物として食べられるようになったと言われています。 戦国時代では、梅干しを食べることで唾液の分泌が多くなるため激しい戦闘時や長い行軍の際に食べられるようになります。 江戸時代になると、一般庶民にも梅干しを食べる文化が広がりました。特に、現在でも梅の名産地といわれる紀州の梅干しは江戸に向けて多く出荷されていたと言われています。 梅には高い殺菌作用があるため、食べ物としてでなく薬としても明治時代に食されるなど日本人にはなくてはならないものとなっています。

今後の動向についての予測

梅干しは、数十年前は各家庭で毎年1年分を漬けて食べるのが一般的でした。しかし、最近では梅干しを漬ける人が減ってきており通販やスーパーで買う人が増えてきています。それにより専門店はよりよい商品、他とは違う商品を開発・販売するようになってきました。 最近では、ハチミツを使ったまろやかで食べやすい味や減塩のものが多く販売され珍重されています。また、実が大きい紀州の梅を使った一粒1,000円以上するようなものまで販売され、通販でも自分用に限らず贈り物として購入する人にも人気があります。 今後は、通販でギフトを買う人が増えてきていることや、日本食が世界的に有名になってきていることもあり店頭よりも通販での需要が増えてくると予想されます。

Copyright© 2015 食事の楽しみを加速させる様々なサービスを活用してみよう All Rights Reserved.